11月2日(水) 19:00~

蒲田映像フェスティバル特別上映会
映画『うみ やま あひだ』

10年にわたって伊勢神宮を撮り続けてきた写真家・宮澤正明氏が、太古の昔から森や海と共生を続けてきた日本人の心に迫ったドキュメンタリー。神宮の神域林、木曽の大檜林、白神山地といった日本各地の深山幽谷へ足を踏み入れ、宮大工棟梁や漁師、科学者など各分野の専門家にインタビューを敢行。さらに建築家の隈研吾やタレント・映画監督の北野武に宇宙観を聞くなど、様々なアプローチで人と自然の共生について考察し、現代日本人が失いつつあるアイデンティティーを再発見していく内容です。上映後のトークショーでは、アートディレクターの長友啓典氏と共に、映像の力そして伝えていきたい日本の心を語り合います。

11月2日(水) 20:30~

スペシャルトークショー

写真家 宮澤 正明
写真家。ファッション・広告の分野にて活動。第62 回神宮式年遷宮の正式な撮影許諾を受け「現代に生きる神話」をテーマに伊勢神宮の撮影を開始。 2013 年10月の遷御の儀までに6万点に及ぶ作品を奉納する。初監督の伊勢神宮の森をテーマにしたドキュメンタリー映画『うみ やま あひだ』は海外の映画祭でも好評を博し、マドリード国際ドキュメンタリー映画祭にて2冠に輝く。

アートディレクター 長友 啓典
アートディレクター。1969年 黒田征太郎とK2設立。エディトリアル、各種広告、企業CI、及びイベント会場構成のアートディレクションを手がけるほか、多数の小説に挿絵、雑誌にエッセイを連載など幅広く活動し現在に至る。著書に「成功する名刺デザイン」、「装丁問答」、「死なない練習」など。日本工学院専門学校グラフィックデザイン科顧問。東京造形大学客員教授。

11月3日(木・祝) 10:15~

日本工学院 クリエイターズカレッジ 『若きつくりびと』

いまやアニメやコスプレの聖地とも言われている蒲田地区。その発信源となっている日本工学院クリエイターズカレッジの学生制作によるショートムービーを上映。蒲田や大田区そして日本をモチーフにしたCGアニメーションなど”若きつくりびと”による映像をご覧ください。日本工学院卒業の声優プロダクション所属タレントやアニメのコスプレイヤーの出演など、盛りだくさんの内容です。

11月3日(木・祝) 12:30~

『江戸の文化・浮世絵コード』

牧野健太郎/浮世絵講演 (聞き手:ミス日本 松野未佳) 『江戸の文化・浮世絵コード』 “浮世絵の正倉院”とよばれるボストン美術館所像のデジタル画像を使い、拡大して江戸の生活や知恵・職人技の素晴らしさなどを読み解いていきます。解説は東横イン・文化担当執行役員・NHKプロモーションのプロデューサーの牧野健太郎氏。聞き手はミス日本の松野未佳さんが登場いたします。

11月3日(木・祝) 12:00~13:30(TIAT SKY HALL前広場)

はねだ日本橋 縁台将棋

はねだ日本橋のたもとで、プロの将棋棋士による指導将棋や駒打ち体験など、今外国人にも人気沸騰中の将棋の楽しさを伝えるイベントを開催。
〈参加棋士〉
島 朗 九段/北島 忠雄 七段 渡部 愛 女流初段

11月3日(木・祝) 14:15~

『ミニスキュル×大田区×日本』

スイスファミリー/上映会+トークショー (聞き手:大庭パスカル) 『ミニスキュル×大田区×日本』 世界30ヶ国以上を旅し、独自のスタイルで映像化してきたスイスファミリー”ミニスキュル”が子供の視点や外国人ならではの視点でとらえた大田区や日本各地の魅力をショートムービー集として上映します。スイスから来日するご夫婦の解説を交えながら、”ミニスキュル”の映像から、大田区の新しい魅力を紐解きます。

11月3日(木・祝) 15:30~

『墨絵・ライブペイント』

茂本ヒデキチ/上映会+トークショー (聞き手:田中亜矢子) 『墨絵・ライブペイント』 『墨』を用い、既存の墨絵では描かれなかった武将、アスリートなどをスピード感あるタッチで描く墨絵アーティスト“茂本ヒデキチ”。 活躍の場は国内のみならず海外に及び羽田空港国内線ターミナル全域のボーディングブリッジ外壁にも東京オリンピック、パラリンピック応援ボード墨絵が掲げられています。彼の描く様子を撮った映像を上映しながら墨絵の魅力や活動のトークショーを開催。

11月3日(木・祝) 17:00~(江戸舞台)

『ライブペイント in 江戸舞台』

その場で一気に書き上げる茂本ヒデキチの“墨絵・ライブペイント”を開催。特設ステージ“江戸舞台”で描かれる躍動感あふれるイベントに好ご期待。

主  催:一般社団法人 大田観光協会
共  催:大田区
協  賛:東京急行電鉄株式会社  日本工学院専門学校
協  力:東京国際空港ターミナル 株式会社
     公益社団法人日本将棋連盟
企画運営:蒲田映像フェスティバル実行委員会
問合わせ先:大田観光協会 Tel.03-3734-0202
この事業は公益財団法人 東京観光財団の助成事業です。

Copyright © 2010 All Rights Reserved Ota Tourist Association. All rights reserved.